家と手

資料請求後の見学で見えてくるものとは

お試しで宿泊ができる

施設内の生活を資料で知るには限界があります。近年はほとんどの住宅型有料老人ホームがお試しで宿泊できるサービスを提供しているので、実際に住んでみて検討することができます。

施設の特徴

介護

二人で入居できる施設

夫婦共に、老後は環境が整う住宅型有料老人ホームで生活したいと心に決めている人もいるでしょう。広島の住宅型有料老人ホームは、おひとり様を始め夫婦で入居できる部屋を用意しています。また部屋の中には、キッチンとリビング、洗面所やトイレ、浴室が装備されているので普段と全く変わらない生活を送ることができます。

飽きない生活を提供

部屋に閉じこもってばかりの生活は、返って体や心にもよくありません。広島の住宅型有料老人ホームでは、飽きの来ない生活をするために施設内でイベントを開催したり、月に一度入居者を数名集めてお出かけすることもできます。イベントの内容は施設で違うので、体験を申し込む前に尋ねてみましょう。

規則正しい生活を送れる

施設での生活は時間ごとにやるべきことが決まっているケースが多く、入居者は規則正しい生活を余儀なくされます。その中には、脳の活性化を促すトレーニングやリハビリを行う時間があるので、これからも元気でいるために必要なものだと施設側は考えています。

生活の手助けを行う

介護が必要な人も入居できる住宅型有料老人ホームは、24時間介護スタッフが身の回りの世話をするので、緊急時異常があっても安心です。近くにはそれらを伝える専用機器があるので、夜間すぐに駆け付けてくれるでしょう。希望があれば、看取りにも携わります。

見学のポイント

住む場所と周辺環境の充実性

充実した生活を送るためには、施設が建つ場所の環境にも目を配らないといけません。例えば、家族が通いやすい場所にあるか、買い物が楽しめる商業施設が整っているかという部分もチェックポイントでしょう。しかし、急な環境の変化で戸惑いを隠せない高齢者もいますから、できるだけ家族が住む近くの住宅型有料老人ホームを選ぶべきです。

ケア体制の充実性

スタッフの数が充実しているほど、入居者にかけるケアの質が違ってきます。そのため、広島で住宅型有料老人ホームを探す場合は、スタッフの数が足りている事とそれに伴うケア体制がしっかりしているかを見ていく必要があります。ちなみに国が指定する基準は3:1ですが、この数字よりはるかに多い数だと、健康管理や医療、リハビリを手厚く受けることができます。

費用にも注目しよう

住宅型有料老人ホームは、健康な人を優先的に入れる施設でもあるため、介護付き老人ホームよりも割高になることがあります。月々に支払う賃料やその他にも費用もかかるので、無理がないかチェックしながら施設選びをする必要があるでしょう。広島で人気がある施設は賃料と管理費、食事込みで10万円から15万円と比較的安価な印象を受けます。

お世話をするスタッフのレベル

どんなに充実したケア体制でも、スタッフのレベルがそれ以下であれば快適に過ごすことはできません。こちらとしても高い入居費用を支払いますからそれ相当のサービスを受ける義務はあります。そのため入居前にスタッフそれぞれの身なりや勤務態度は必ず見ておくべき点でしょう。

食事の内容をチェック

広島の住宅型有料老人ホームの場合、入居者の体調や注文に合わせて食事を作れるかどうかも重要ですよ。また、実際に施設を見学する際は食事を作る環境にピントを合わせましょう。あまりにも不衛生だと検討し直した方が懸命です。

広告募集中