家と手

審査に通るためのポイントを知ろう

入居基準の詳しい内容

男の人

体が元気であることが条件

介護が必要なく、老後も安心して生活するための施設なので病気がなく身体的に問題がないことが審査に深く関わってきます。ただ、住宅型有料老人ホームも要介護やそうでない方両方を対象にする施設も広島に沢山あるので、審査基準に囚われず信頼できる施設を探す方が無難だといえます。

医療ケアを重点的にしなくてはならない場合

施設によっては、介護レベルが高く日々医療ケアが欠かせない人や重度の認知症を患う人の入居を拒否するケースもあります。同じ住宅型有料老人ホームでも、裏を返せば細かい入居基準があるので気になる施設があれば問い合わせを行ない、審査に役立てていきましょう。

入居できる年齢

定年退職をし、老後を生活水準が高い施設で過ごしたいという人もいるため、住宅型有料老人ホームに入居できる年齢基準は、60歳から65歳以上となっています。比較的若い時に入居できますが、介護が必要になる70代から90代になってから入居するケースもあります。

広告募集中